クリエイターパソコン

RAW現像用PCのCPUスペックはどれがオススメ intel?AMD?どっち

RAWデータはファイル容量が大きい

高い性能のCPUを持ったパソコンでないと処理が遅くまたフリーズなどを起こし快適に作業を進めるられない。

RAW現像用パソコンは家電店のメーカー製パソコンではちょっと無理がありそうです。

BTOのショップで用途に合わせてカスタマイズしましょう。

しかし

なるべく低価格に抑えたい

RAW現像はどのようなスペックのCPUを選べば良いのか?

CPUはintelとAMDではどちらがおすすめなのか

などなど、わからないことだらけですよね。

そこでこちらの記事では最新のCPUを搭載したRAW現像にオススメのパソコンやCPUの選び方を紹介します。

RAW現像とは

RAW現像用BTOパソコンのCPUはどれがオススメ?

スペックと選び方のポイント

RAW現像用CPUはコア数がポイント

コア数が多いほど高性能

おすすめは6コアのintelCorei5 AMD Ryzen5以上

RAW現像用PC おすすめモデル3機種

上位のCPUは8コアCPUやメモリも32GBもありますがRAW現像だけならコスパを考えればそこまでは必要ありません。

グラフィックボードはGPU内蔵のものがおすすめ

画像処理に使うグラフィックボードもRAW現像PCでは必要になります。

ゲーム用のPCにように別途グラフィックボードを付け足さなくてもCPUの中に組み込まれているGPUでOKです。

RAW現像パソコンのCPUはインテルとAMDのどっちがオススメ?

AMDのCPUの方が処理能力が高く低価格となっています。

しかし通常ではRAW現像オススメパソコンはIntel CPUがメイン

コスパの良いRyzenはBTOパソコンショップで探してみましょう。

RAW現像向けのノートパソコンを選ぶときのCPUチェックポイント

ノートPCのCPUはデスクトップパソコンのCPUよりも、性能が落ちます。

理由

冷却対応

intelならCorei7 AMDならRyzen7以上がおすすめ

なるべく新しい世代のCPUをお勧めします。

RAW現像用のデスクトップPCを選ぶときのCPU選びのポイント

RAW現像用のパソコンはノートPCよりデスクトップを選ぶのがオススメです。

・ 同性能クラスのノートパソコンよりも、安価な値段で購入できる

・CPUの交換、メモリ増設、ストレイジ増設など拡張性が高い

・価格コストパフォーマンス重視ならAMD社のRyzen

・ゲーム併用ならCore i7の最新モデル

コスパ重視の方におススメのRAW現像向けパソコン

RAW現像パソコンおすすめ10機種(網羅型)

コスパ重視

デスクトップ

ノートPC

まとめ

高機能BTOパソコンはフロンティアのセール
驚きの価格 第10世代Core i9 + RTX 3080で
なんと20万円を切ってる!!

フロンティのセール期間ならドスパラやマウスコンピュターより断然安くておすすめ!
最新のハイスペックのゲーミングPCがまさかの値段で!
Corei9の価格をドスパラやマウスと比べて見てください!
キャンペーン・セールならフロンティアダイレクトのPCが絶対おすすめ>>>