BTOパソコンについて

BTOパソコンOSなしメリット・デメリットOSなしで安くパソコンが買えるショップはどこ?

『OSなしでBTOパソコン』を買う場合のメリット・デメリットについてご紹介します。

BTOパソコンはコスパがいいというのが多くのユーザーの評価です。その中でもパーツ選択は大幅にコストを下げることができます。

BTOパソコンはOSなしで購入すると安い

BTOパソコンは、購入のときOSのあり・なしの選択もできるということをご存知でしょうか?OSなしだと、その分のコストを下げることができますね。

こちらの記事ではWindows10など、OSを既にお持ちの方にBTOパソコンのOSなしでの注文のメリットデメリットとOSのインストールは難しいのかについてご紹介します。

カスタマイズの豊富なサイコムがおすすめ詳しくはこちら>>⇒BTOパソコンのサイコム

OSなしを選べるおすすめBTOパソコンショップ

OSを持っているなら(約1万円PCを安く買うなら)OSなしを!

BTOショップ OSなしで購入 ショップのサイト
「BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN」 こちらからOSなしを選べます
サイコム@Sycom カスタマイズ見積もりでOSなしを選定できます。BTOパソコンのサイコム
フロンティア ゲーミングPCは【FRONTIER】
ストーム(Storm) StormはカスタマイズでOSなしを選べます
レノボ(Lenovo) レノボ(Lenovo)
ツクモ(tukumo) カスタマイズでOSなしを選べますツクモ(tukumo)

 

BTOパソコンOSなしだと 自分でインストール

BTOパソコンは自分の好みのパーツをチョイスしてPCをオーダーできます。もちろんオーダーしたパーツはメーカーやショップが組み込んでくれますので自作のように自ら作る手間は不要です。

BTOショップではOSなしでパソコンが買える

この組み上げパーツの中にOSも含まれていますので、BTOパソコンのカスタマイズ画面で

  • OSの「あり」(Windows10 64bit Home   Windows10 64bit Pro)
  • または OS「なし」

を選ぶことができます。

⇒ドスパラでOSなしパソコンを選ぶ>>>

「OSなし」の場合は自分でOSをパソコンをインストール

OSなしで発注した場合は、ハードのみ届くことになりますので、当然電源を入れてもWindowsは立ち上がりません。

自分でOSを用意してインストールする必要があります。

OSなしパソコンにWindows10をインストールする方法>>

カスタマイズの豊富なサイコムがおすすめ詳しくはこちら>>⇒BTOパソコンのサイコム

BTOパソコンで「OSなし」メリット

OSなしで購入するなら既にOSを持っている場合

では、どのような場合にOSなしで買うメリットがあるのでしょうか?

BTOショップでOSなしでパソコンをオーダーする場合は

  1. Windows OSをすでに持っている場合
  2. 無料のLinux OSを使って予算を抑えたい場合

などが、考えられます。

Windows OSを持っている場合

メリット:OS分の費用が安くなる

別にWindows OSを持っている場合は以下のメリットがあります。

  • 価格が安くなる
  • 余計なソフトが入っていない状態で利用できる

「OSなしだと」BTOパソコンはどれくらい安くなる?

OSなしでBTOパソコンを買う価格的なメリットは機種構成によってかわりますが6000円から10000円くらいになります。

OS自体はWindows10で13000円~15000円くらいですがBTOメーカーやショップは大量に安く仕入れしているのでOSなしで購入する場合のメリットの金額は小さくなります。

⇒ドスパラでOSなしパソコンを選ぶ>>>

OSなしのデメリット

デメリット:自分でOSをインストールする必要がある

BTOパソコンOSなしのデメリットもありますので購入前に確認しておきましょう。

  • DVD-ROMなどの光学系読み取り装置が必要
  • OSなしだと自分でセットアップ
    下手するとドライバを全部自分で探さなければなりません
    OSやドライバに関するサポートが受けられなくなるので、自己責任

「BTOパソコンOSなし」の注意点

OS無しでBTOパソコンを買う場合の注意点

  • 届いてもそのまま使用できない。
  • 自分でOSをインストールする必要がある。
  • ドライバソフトのインストールやセットアップは自分で行う。
  • 各BTOパソコンの「仕様」にあるサポートOSを使用する。
    ※動作保証外・サポート対象外のOS(バージョンあり)注意が必要
  • 32bit / 64bit BTOカスタマイズ、プラットホーム等動作に制限がある場合がある。
  • 全て作業は自己責任にとなる。

Windows10はOSインストールが簡単

Windows10の場合はWindows7やWindows8と違いインストール用のソフトウェアを探してメーカーページを探し回ったり、 わずらわしいドライバーのインストールなどは不要です。

なのでWindows10に関しては以前のWin7などに比べればOSのインストールはやりやすくなっていると言えます。

OSなしパソコンにWindows10をインストールする方法>>

OSのライセンス違反にご注意

既に他のPCにインストールされているOSを併用して2台で使用すると
ライセンス違反となりますのでココはご注意下さい。

Windows 10のOS新規インストール方法

OSなしのBTOパソコンにWindows10をインストールする方法

OSなしで届いたBTOパソコンに新規にWindows10をインストールする手順をご紹介します。なおOSなしのパソコンに新規でWindows10をインストールする場合はWindows10のインストールのあとドライバのインストールが必要です。

もっと詳しくOSなしパソコンにWindows10をインストールする方法>>

Windows10をインストールする手順

OSなしのBTOパソコンにWindows10をインストールする手順

お持ちのWindows10のディスクDVDドライブにセット

インストールする言語などを選びます

今すぐインストール]をクリック

Windowsのプロダクトキーを入力し[次へ]をクリック

規約の[同意します]にチェックを入れ、[次へ]

[カスタム、Windowsのみを選択してインストール]をクリック

インストールしたいドライブを選択し[次へ]をクリック

[簡単設定を使う]をクリック

ユーザー名やパスワードを入力

[後で設定する]もしくは[Cortanaを使う]をクリック

正常にデスクトップ画面が起動すれば Windowsのインストールは完了です。

もっと詳しくOSなしパソコンにWindows10をインストールする方法>>

ドライバインストール

次にドライバーのインストールを実施します。

OSに付属のドライバディスクをDVDドライブに入れる

[ドライバ]をクリック

全てチェックが入っていることを確認し[インストール]をクリック

全てのインストールを確認します。

再起動したら完了です。

OSなしでBTOパソコンが買えるショップはどこ

OSなしでBTOパソコンが買えるショップ

OSなしPCはBTOショップで販売しています。(中にはOSインストール済みしか販売していないところもあり)機種を選んでカスタマイズでOSなしを選ぶことで選択できます。こちらではOSなしでBTOでパソコンが買えるショップをご紹介します。

OSを持っているなら(約1万円PCを安く買うなら)OSなしを!

BTOショップ OSなしで購入 ショップのサイト
「BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN」 こちらからOSなしを選べます
サイコム@Sycom カスタマイズ見積もりでOSなしを選定できます。BTOパソコンのサイコム
フロンティア ゲーミングPCは【FRONTIER】
ストーム(Storm) StormはカスタマイズでOSなしを選べます
レノボ(Lenovo) レノボ(Lenovo)
ツクモ(tukumo) カスタマイズでOSなしを選べますツクモ(tukumo)

ドスパラでOSなしのBTOパソコンを購入

ドスパラは新品のBTOパソコンも機種次第ではOSなしが選べるようになっています。
また中古パソコンもOSなしで販売されています。中古も豊富なので安く上げたい場合中古のOSなしを選択するのも手です。

⇒ドスパラでOSなしパソコンを選ぶ>>>

サイコム

フルカスタマイズできるショップのサイコムですが
2018年5月25日から、サイコムの全モデルにてOS(Windows)が標準構成で付きました。

しかし、特定タイトルのゲーム推奨モデルを除しては。オプションで「OS なし」を選択が可能です。カスタマイズの豊富なサイコムがおすすめ詳しくはこちら>>⇒BTOパソコンのサイコム

パソコン工房

パソコン工房もOSなしの選択肢でクリエイターパソコンなどの購入ができます。

AMD Ryzen 3 3200G[4コア]搭載・クリエイター向けミニタワーパソコン [SSD搭載]ではOSなしだと4万円台で買えますので
動画編集など高機能のRyzen 3 3200Gでこの価格でコスパは非常にいいですね。

BTOカスタマイズ画面でOSなしを選ぶ方法

ドスパラの画面で「OSなし」のカスタマイズ方法

BTOパソコンでOSなしを注文する場合のカスタマイズ画面です。

ドスパラの例

ドスパラでOSなしのカスタマイズ画面をみると

OSなしでコスパがいい選び方はこちら⇒ドスパラでOSなしを選べるモデル>>>

構成内容を変更するをクリックスしてOSなしを選択する。

 

OSの選択が

・Windows10Pro64ビット
・Windows10Home64ビット
・OSなし

このような構成がチョィスできるようになっているのがわかりますね。

・OSについて
※OSのディスクは付属いたしません。
(ディスク付属と書かれている場合は、同梱して出荷いたします)
※OSの初期化(リカバリー)はWindows 10上の「設定」⇒「更新とセキュリティ」⇒「回復」から行います。
※「OSなし」選択可能モデルにて、「OSなし」を選択される場合、OSやドライバー等に関するサポートには応じかねます。

BTOだとノートパソコンOSなしで買える?

ノートパソコンのOSなしはやめた方が無難

ノートパソコンのOSなしもあるのでしょうか?ノートパソコンの場合は最初からDVDドライブを持ったモデルが少ないようです。OSをインストールするためだけにDVDドライブを外付けで導入して認識させるのは結構面倒ですのでノートPCの場合はOSなしで購入するのはやめておいたほうが良いでしょう。

BTOパソコンOSなし Q&A 注意点

BTOでOSなしのPCを購入する場合のQ&A

オンラインコード版はBTOパソコンにインストールできる?

新規のBTOパソコンにOSを入れる場合ですと、Windows10オンラインコード版でも大丈夫?

新規のBTOパソコンからだとオンラインコードはDLできない気がしています。
やはりパッケージ版でないと無理なのでしょうか?

Windows 10 October 2018 Update ダウンロードサイトからメディア作成ツールをダウンロードし,インストールメディアを作成してインストールすると,クリーンインストールが選択できます。
また,MicrosoftアカウントがあればPC環境を引き継げます。

CPUでサポートしていないOSがある

Intel第8世代のCPUはWindows10しかサポートしていません。
Windows7 Ultimate 64bit
「OSがインストールできない可能性がある、SP2~3がドライバに対応しているので、
サポート外になる」
どこかで必ずブルースクリーンでフリーズします、フリーズしないまでも使用していて不具合満載です。

まとめ

BTOパソコンでOSなしを購入するメリットデメリット

BTOパソコンではカスタマイズ画面でOSなしを選択することができるメーカーやショップもあります。

⇒ドスパラでOSなしパソコンを選ぶ>>>

安く買えるメリットはありますが、その分、自分でインストールしたり設定する手間暇がかかりますし全て自己責任です。

しかし、Windows10ならそれほど難しくはないので手元に利用できるWindows10のライセンスがあればトライアルするのもいいかもしれません。

もっと詳しくOSなしパソコンにWindows10をインストールする方法>>

あくまでも、自分でOSをインストールしたマシンはハードウェア部分しか保証の対象にならないのでそこはご注意ください。